医療事務と一緒に取った方が良い資格として、次の二つが挙げられます。 ・調剤薬局事務 ・歯科助手 調剤薬局事務というのは、薬の計算や調剤報酬明細書の作成などを行う仕事です。 この資格は医療事務と相性が良く、一緒に持っていると印象が良くなります。 一見、同じような資格に見えますが、試験の出題範囲が違うので、勉強しないと合格することはできません。 病院やクリニックよりも、できれば調剤薬局で働きたいという場合におすすめの資格です。 また、歯科助手の資格も、医療事務との相性が良いといわれています。 歯科助手の資格を取得することで、事務だけではなく、治療のサポートもできるので、歯科医院で重宝されるでしょう。 調剤薬局事務や歯科助手の資格を医療事務と一緒に取得することによって、就職先が広がりますし、採用される確率もアップします。 ただ、一緒に勉強すると医療事務試験に失敗する可能性があるので、まずは医療事務の資格を取得し、その後、これらの資格取得を目指すのがおすすめです。